西村哲也の弁護系映画論

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画に感謝を捧ぐ! 「暗闇の悪魔 大頭人の襲来」

<<   作成日時 : 2017/05/10 18:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はエドワード・L・カーン監督の「暗闇の悪魔 大頭人の襲来」に

 感謝を捧げようと思います。


暗闇の悪魔 大頭人の襲来 [DVD]
ランコーポレーション
2011-09-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 暗闇の悪魔 大頭人の襲来 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 「恋人の丘」と呼ばれる場所で巻き起こる

 エイリアン騒動を描いた本作は

 「大衆映画史」の一端を象徴するSF映画であります。

 「ドライブイン・シアター」を思わせるような舞台設定

 「地球侵略SF」の装飾を纏いながら

 緩やか且つ若者目線で進行するストーリー

 漫画的インパクト&ユーモアの中に「悲劇性」を感じさせる

 エイリアン造形が一体となる光景は

 私に「スケール感の適性範囲を保つ」・「鑑賞者を厳選する」

 「状況説明的表現を避ける」

 「脅威の正体を段階的に写し出す」ことの大切さを

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (後年の「アメリカン・グラフィティ」などに通じる時間設定と

 能天気なハッピー・エンドの形態を取りながら

 軍隊の暗黒面、大人と子供の精神的断絶

 牧場経営のリスクを写し出す幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「ドライブイン・シアター向きSF映画」の

 究極形態を目指しつつ

 地球侵略SFに対する痛烈な皮肉を放つ作品であると言えるでしょう。

 自分本位度の高い人間たちに翻弄され、傷ついていくエイリアンの姿が

 他のSF映画とは一味違う「恐怖」を感じさせる本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画に感謝を捧ぐ! 「暗闇の悪魔 大頭人の襲来」 西村哲也の弁護系映画論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる