西村哲也の弁護系映画論

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画に感謝を捧ぐ! 「恋するレオタード」

<<   作成日時 : 2017/05/14 18:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はマルク・アレグレ監督の「恋するレオタード」に

 感謝を捧げようと思います。





 音楽教師「エリック」に魅了された

 女子学生2人の運命を描いた本作は

 上品な妖気を感じさせる恋愛映画であります。

 様々な方向へ飛び回りつつ

 「恋愛悲劇」へと向かうストーリー

 登場人物の急増によって

 複雑怪奇化していく人間関係

 舞台的ムードと品格を兼ね備えた映像が一体となる光景は

 私に芸術家特有の「繊細さ」がもたらす悲喜劇と

 「舞台性と映画性の平和的共存」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (女性の精神的強さと人生の過渡期を

 静かに写し出す幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「芸術派恋愛映画」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 スター主義、観光旅行映画、恋愛系少女漫画の醍醐味が

 独特のバランスで配合された本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画に感謝を捧ぐ! 「恋するレオタード」 西村哲也の弁護系映画論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる