西村哲也の弁護系映画論

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画に感謝を捧ぐ! 「戦火のかなた」

<<   作成日時 : 2017/06/16 19:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はロベルト・ロッセリーニ監督の「戦火のかなた」に

 感謝を捧げようと思います。


戦火のかなた [DVD]
IVC,Ltd.(VC)(D)
2009-02-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 戦火のかなた [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 第2次世界大戦後期のイタリアで繰り広げられる

 戦いの日々を描いた本作は

 様々な映画技法が共存する、異色の戦争映画であります。

 アクション・サスペンス・ラブストーリー

 ドラマ・コメディの手法を総動員し

 短篇集的に「戦争」を写し出していくストーリー&演出と

 演技者の香りを抑制した「現実感」溢れるキャスト陣が一体となる光景は

 私に、メッセージ性と娯楽性がバランス良く配合された映画の醍醐味

 「戦争」の多面性、言葉&思想の壁を越えたコミュニケーションの難しさを

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (娯楽的盛り上げを抑制したストーリー展開と

 淡々とした語り口の中に宿る「映画人の宿命&自身と向き合う勇気」に

 戦慄&感動を禁じ得ない幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「ジャンル融合型戦争映画」の歴史に輝く

 強豪作であると言えるでしょう。

 心身の傷を乗り越え「戦時の記憶」を後世に伝えようとする人々の精神力と

 娯楽的描写と現実的目線の均整を保ち続ける技術力に圧倒される本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画に感謝を捧ぐ! 「戦火のかなた」 西村哲也の弁護系映画論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる