西村哲也の弁護系映画論

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画に感謝を捧ぐ! 「荒野の女ガンマン/ガーター・コルト」

<<   作成日時 : 2017/06/19 18:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジャン・ロッコ監督の「荒野の女ガンマン/ガーター・コルト」に

 感謝を捧げようと思います。





 女性ガンマン「ガーター・コルト」と彼女を取り巻く人々の
 
 運命を描いた本作は

 イタリア西部劇史上屈指の陽気な珍作であります。

 クールでセクシーなヒロイン、ワイルドな暴力描写

 娯楽西部劇の王道に即したアクション・シーン

 「革命」を題材にしつつ、ユーモラスに進行するストーリーが

 一体となる光景は

 私に「緩やかさと凶暴さの同居」・「マイペースに乱世を生きる人々の勇姿」

 「エロ&暴力重視のヒロイン映画」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ブラック・ユーモア的に「戦争の虚しさ」を写し出す幕切れが

 サスペンス映画的どんでん返しとは一味違う「驚き」を

 もたらしている点も見逃せません。)

 まさに「女系アクション・コメディ西部劇」の称号にふさわしい

 異色作であると言えるでしょう。

 犯罪映画&恋愛映画的キャラクター造形

 ヒロイン&ボーイフレンドを無視して繰り広げられる大銃撃戦

 コメディ的描写の乱入という奇策に彩られた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画に感謝を捧ぐ! 「荒野の女ガンマン/ガーター・コルト」 西村哲也の弁護系映画論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる