西村哲也の弁護系映画論

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画に感謝を捧ぐ! 「オセロ(1952年版)」

<<   作成日時 : 2017/08/09 20:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はオーソン・ウェルズ監督・主演の「オセロ(1952年版)」に

 感謝を捧げようと思います。


オセロ / シェイクスピア名作映画集 CCP-298 [DVD]
株式会社コスミック出版
2012-03-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オセロ / シェイクスピア名作映画集 CCP-298 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 ウィリアム・シェイクスピアの同名戯曲をもとにして

 1952年に作られた本作は

 様々な作劇&映像要素が絡み合う愛憎劇であります。

 陰謀劇と恋愛悲劇が融合したストーリー

 史劇のスケール感、文学的台詞、暇つぶし映画的スピード感

 サスペンス系映像技が一堂に会する光景は

 私に、純文学性と下世話性の平和的共存と

 「人間関係を崩壊させる戦術」をブラック・ユーモア+サスペンス的に描写する

 技法の一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (動機の曖昧化&人知の枠を越える程の説得能力によって

 モンスターの領域に到達した「諸悪の根源」と

 彼の最期を曖昧化したまま迎える幕切れが

 作品に「怪奇恐怖の香り」を与えている点も見逃せません。)

 まさに「文学系愛憎史劇」の雄と呼ぶにふさわしい作品であると言えるでしょう。

 W・シェイクスピア+O・ウェルズ路線の第2章となる本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画に感謝を捧ぐ! 「オセロ(1952年版)」 西村哲也の弁護系映画論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる