西村哲也の弁護系映画論

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画に感謝を捧ぐ! 「砂漠の生霊」

<<   作成日時 : 2017/08/13 12:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はウィリアム・ワイラー監督の「砂漠の生霊」に

 感謝を捧げようと思います。


砂漠の生霊 [DVD]
ブロードウェイ
2014-02-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 砂漠の生霊 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 ピーター・B・カインの西部物語「三人の名付け親」を

 もとにして作られた本作は

 驚異的なバランス感覚に彩られた軽量級西部劇であります。

 犯罪映画、ホームドラマ、宗教映画、サバイバル映画の特性を融合させ

 それぞれの魅力を最大限に発揮したストーリー&演出と

 正統派西部劇の香り漂う俳優&女優陣が

 一堂に会することによって生じる映画的科学反応は

 私に、重厚な「償いの物語」と軽妙な娯楽映画

 非情なる運命とユーモア、王道的手法と変化球的手法が

 平和的共存を果たす光景と

 「三人組み映画&子育て映画」史の大いなる一歩を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「西部劇にホラー映画的な邦題を付ける」という
 
 大胆な挑戦が成されている点と

 ハッピー・エンドの形態を取りながら

 「勝てば官軍」主義に背を向け、主人公に「罪の報い」を受けさせる

 理性的な幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「人情系西部劇」の歴史に輝く

 強豪作&道標的作品であると言えるでしょう。

 J・フォード監督の西部劇「三悪人」の流れを汲む設定を駆使しつつ

 活劇性よりも人情味に重きを置くことによって

 後年のJ・フォード監督作「三人の名付け親」等に通じる道を切り開いた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画に感謝を捧ぐ! 「砂漠の生霊」 西村哲也の弁護系映画論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる