西村哲也の弁護系映画論

アクセスカウンタ

zoom RSS  映画に感謝を捧ぐ! 「バンクラッシュ」

<<   作成日時 : 2017/08/02 19:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はダニエル・カルパルソロ監督の「バンクラッシュ」に

 感謝を捧げようと思います。


バンクラッシュ [DVD]
ニューセレクト
2017-03-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バンクラッシュ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 銀行を襲撃した強盗6人組と

 彼らを取り巻く人々の運命を描いた本作は

 泥棒映画史上屈指の「クールさ」を感じさせる
 
 奇襲的作品であります。

 「ヒート」・「バンク・ジョブ」・「インサイド・マン」の流れを汲みつつ

 悪女映画&政府不信風味を融合させ

 暴力よりも会話&策略に重点を置きながら

 静かに進行していくストーリー&演出は

 私に、泥棒映画と陰謀劇を繋ぐ「見えざる絆」の存在と

 集団戦闘における「協調関係維持」の重要性を

 娯楽的に伝える技法の一端を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「アクション映画的装飾」を強調する宣伝戦術によって

 本作を世に広めようとする日本側の戦術家ぶりと

 泥棒映画史上希に見る「平和的」な幕切れが

 勧善懲悪とは異なる爽快感を感じさせる点も見逃せません。)

 まさに「空間限定型泥棒映画」史上屈指の

 静かなる珍作であると言えるでしょう。

 アクション映画的状況と見せかけて

 肩すかしを食わせる大胆さと

 銀行強盗映画史に残る技法の数々を有効活用する

 知略に驚かされる本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
 映画に感謝を捧ぐ! 「バンクラッシュ」 西村哲也の弁護系映画論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる