西村哲也の弁護系映画論

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画に感謝を捧ぐ! 「殺人カメラ」

<<   作成日時 : 2017/08/03 18:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はロベルト・ロッセリーニ監督の「殺人カメラ」に

 感謝を捧げようと思います。


殺人カメラ 《IVC BEST SELECTION》 [DVD]
IVC,Ltd.(VC)(D)
2011-04-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 殺人カメラ 《IVC BEST SELECTION》 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 被写体を殺すカメラを手に入れた写真家と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 凶暴さ、文学性、和やかさが共存する喜劇映画であります。

 怪奇映画&殺し屋映画的な状況を

 ユーモラスに表現したストーリー&演出と

 小市民風味溢れるキャラクター造形が一体となる光景は

 私に恐怖と笑い、ドタバタ喜劇と風刺劇の秘めたる近似性と

 富&殺人が人心に与える影響の一端を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「ギャグ漫画的ハッピー・エンド」の衣を纏いつつ

 寛容の大切さを説いた味わい深い幕切れとなっている点も

 見逃せません。)

 まさに「日常喜劇系正義論」の称号にふさわしい

 強豪作であると言えるでしょう。

 社会派的生真面目さ、イタリア映画的ブラック・ユーモア精神

 神と悪魔の関係に対する一考察、ホラー技法が一堂に会した本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画に感謝を捧ぐ! 「殺人カメラ」 西村哲也の弁護系映画論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる