西村哲也の弁護系映画論

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画に感謝を捧ぐ! 「石のゲーム」

<<   作成日時 : 2017/11/12 07:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はヤン・シュヴァンクマイエル監督の「石のゲーム」に

 感謝を捧げようと思います。


ヤン・シュヴァンクマイエル 短篇集 [DVD]
日本コロムビア
2005-02-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヤン・シュヴァンクマイエル 短篇集 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 時計から生まれた石たちの運命を描いた本作は

 無機質でありながらもユーモラスなアニメーション映画であります。

 軽妙なる音楽と共に

 様々な変化&アクションを披露する石たちが

 人間に勝るとも劣らぬほどの存在力&キャラクター性を放つ光景は

 私に「クールさと人間味の共存」・「台詞よりも映像で語る映画の魅力」

 「活劇性と喜劇性を繋ぐ絆」の一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「宴の後」に訪れる虚しさに彩られた幕切れが

 「死」に優るとも劣らぬほどの悲劇性をもたらしている点も見逃せません。)

 まさに「無機物系アトラクション・ムービー」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 スター的華やかさに包まれた石たち

 特殊効果や残酷描写を用いることなく怪奇的ムードを生み出す「時計」

 彼らの魅力を最大限に引き立てる映像技が一堂に会した本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画に感謝を捧ぐ! 「石のゲーム」 西村哲也の弁護系映画論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる