西村哲也の弁護系映画論

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画に感謝を捧ぐ! 「ラン・スルー・ザ・ナイト」

<<   作成日時 : 2018/01/01 18:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 あけましておめでとうございます。

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 2018年最初となる今回は

 レナード・ダブリティアロフ監督の「ラン・スルー・ザ・ナイト」に

 感謝を捧げようと思います。


ラン・スルー・ザ・ナイト [DVD]
ニューセレクト
2017-02-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラン・スルー・ザ・ナイト [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 恋人を殺され、追われる身となった女性

 「サーシャ」の運命を描いた本作は

 軽量でありながらも技巧的なロシア製アクション映画であります。

 「巻き込まれ映画」の伝統に則した状況に

 絵画へのこだわり、回想シーン&時系列操作の多用

 スパイ活劇的ハッタリ&どんでん返しを加えることによって

 複雑化していくストーリー&演出は

 私に、ヒロイン・アクションの醍醐味

 単純な追いかけっこを複雑に表現する技法

 娯楽映画的権力不信、絵画マニア魂が

 一堂に会する光景を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「事件発生前日の出来事」で幕を閉じるという

 ブラック・ユーモア的手法を駆使している点も見逃せません。)

 まさに「時間旅行入り巻き込まれアクション」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 アルバトロス系列特有の「便乗商品的邦題」

 L・ベッソン関連作の流れを汲む「ヒロイン+アクション志向」

 ロシアがヨーロッパ芸術に対して抱く複雑な思い

 「ダヴィンチ・コード」の香り漂う謎解きが炸裂する本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

 そして、皆さんに素晴らしき映画との出会いが

 訪れることを祈っております。

 追伸 今年も「西村哲也の弁護系映画論」を

     よろしくお願いします。

                       

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画に感謝を捧ぐ! 「ラン・スルー・ザ・ナイト」 西村哲也の弁護系映画論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる