西村哲也の弁護系映画論

アクセスカウンタ

zoom RSS  映画に感謝を捧ぐ! 「死の谷」 

<<   作成日時 : 2018/03/08 18:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はラオール・ウォルシュ監督の「死の谷」に

 感謝を捧げようと思います。


死の谷 [DVD]
ジュネス企画
2006-10-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 死の谷 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 無法者「ウェス・マックイーン」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 豪快でありながらも苦味の利いた西部劇であります。

 暴力&欲望渦巻く世界との訣別を望みながらも

 自らの本能と陰謀渦巻く人々に翻弄され

 犯罪の底なし沼へと落ちていく男を

 西部劇ならではのアクションをふんだんに用いながら

 描いていくという試みは
 
 私に、西部劇と犯罪映画を結びつける「絆」

 富と環境が人間に与える影響

 娯楽的サービス精神と教訓劇の平和的共存を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (1970年代映画的非情さと人情劇の和やかさを兼ね備えた
 
 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「破滅系西部劇」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 西部劇要素と現代劇要素、神秘性と俗物性
 
 活劇性と悲劇性、人情と不人情が絡み合う本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
 映画に感謝を捧ぐ! 「死の谷」  西村哲也の弁護系映画論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる