西村哲也の弁護系映画論

アクセスカウンタ

zoom RSS  映画に感謝を捧ぐ! 「ウォーター・パニック・In・L.A.」 

<<   作成日時 : 2018/03/11 18:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はベン・レギー監督の「ウォーター・パニック In・L..A.」に

 感謝を捧げようと思います。

ウォーター・パニック in L.A. [DVD]
プライムウェーブ
2007-03-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウォーター・パニック in L.A. [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 ウィルス・テロによって水を汚染されたL.A.の

 3日間を描いた本作は

 複数の娯楽要素を融合させつつ

 軽やかに進行する堅実作であります。

 テロ対策と災害、社会派風味とサスペンス風味

 アクション・シーンと人間模様が融合する事によって生を受けた

 ストーリー&演出は

 私に、破壊&殺戮に依存しないテロ対策映画

 映像テクノロジーに依存しない災害映画
 
 物語のスケール感を適性範囲に保つ技術力の放つ輝きが

 一堂に会する光景を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (謎解きよりも人間関係&メッセージ性に重きを置いた

 生真面目な幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「娯楽要素融合型テロ対策映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 「クラッシュ(2004年版)」の流れを汲む

 キャラクター造形&人間関係と

 ウィルス系テロ対策映画+災害映画の王道

 小規模映画的効率主義の共同戦線によって

 アメリカ社会が抱える「病理」の一端を写し出す本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
 映画に感謝を捧ぐ! 「ウォーター・パニック・In・L.A.」  西村哲也の弁護系映画論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる