西村哲也の弁護系映画論

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画に感謝を捧ぐ! 「稲妻奉行」 

<<   作成日時 : 2018/07/04 18:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は山田達雄監督の「稲妻奉行」に感謝を捧げようと思います。


稲妻奉行 [DVD] STD-105
新東宝映画 オフィスワイケー
2008-01-11

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 稲妻奉行 [DVD]  STD-105 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 何者かに奪われた薩摩藩の名刀を追う

 大岡忠右衛門(後の大岡越前守)の活躍を描いた本作は

 貪欲にして倹約的な時代劇映画であります。

 時代劇アクション、警察映画風味、探偵小説的人間模様

 大岡越前守&映画スターの効能を最大限に生かしつつ

 効率主義的に進行するストーリー&演出は

 私に「歴史的偉人&時代劇ヒーロー」の娯楽的活用法、時代劇の伝統芸

 気晴らし的サービス精神、映画的ダイエットの

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (正義側が「殺人」に依存することなく勧善懲悪を行うことによって

 和やかな雰囲気を放つ時代劇となっている点も見逃せません。)

 まさに「大岡政談系時代劇」の一翼を担う

 軽量級時代劇映画であると言えるでしょう。

 チャンバラ、身分隠し、聞き込み&捕物、推理

 お裁きを網羅しつつ

 暇つぶし規模のスケール感を保ち続ける豪腕と

 権力者を主人公としながらも「反権威要素」を持たせる

 バランス感覚に驚かされる本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画に感謝を捧ぐ! 「稲妻奉行」  西村哲也の弁護系映画論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる