映画に感謝を捧ぐ! 「サリヴァンの旅」

 映画感謝人GHMです。

 今回はプレストン・スタージェス監督の「サリヴァンの旅」に

 感謝を捧げようと思います。

 

 理想に燃える映画監督の

 奇妙な旅を描いた本作は

 優しさと愛に満ちあふれた作品であります。

 サイレント喜劇とトーキー喜劇のテクニックを融合させた演出法と

 喜劇の持つ「癒しの力」に着目したストーリーが一体となる姿は

 私に「笑うこと・笑いをもたらすこと」の素晴らしさを

 再認識させてくれました。

 まさに「喜劇精神」への尊敬を映像化した作品であると言えるでしょう。

 全編にあふれる「ポジティブ精神」が心地良い本作と

 生きて映画絵を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。

 

 
 

この記事へのコメント

すかあふえいす
2016年11月13日 23:27
はじめまして。YAHOOブログで記事を投稿している者です。

今回「サリヴァンの旅」について調べている内に、貴方様のブログにたどり着いた次第です。

私もこんな素晴らしい作品たちを残してくれたスタージェス監督に感謝してもしきれません。

TBさせて下さい!
2016年11月14日 19:12
すかあふぇいすさん

コメントをありがとうございます。

本作こそユーモアとシリアス

迫力と人情味は

互いに高め合うことのできる

存在であると思える数少ない映画の

一つであると思います。

(昨今のCG大作では味わえない

感触であると考えます。)

これからもよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック