映画に感謝を捧ぐ! 「荒野のストレンジャー」

 映画感謝人GHMです。

 今回はクリント・イーストウッド監督・主演の

 「荒野のストレンジャー」に感謝を捧げようと思います。

 

 荒野の町に現れた「流れ者」が引き起こす

 大騒動を描いた本作は

 ブラック・ユーモアとメッセージ性を宿した西部劇であります。

 アメリカ流「勧善懲悪西部劇」に始まり
 
 「見える敵」と「見えざる悪意」への復讐劇として幕を閉じるという

 大胆不敵な作劇法

 主演男優C・イーストウッドの「不気味な存在感」

 イタリア西部劇を思わせるような

 豪快にして残酷な演出が一体となって

 「社会派風味の西部劇」を形成していく姿は

 私に痛快さと重苦しさが混ざり合った時間を

 与えてくれました。

 (怪奇映画の如く表現された「最終決戦」が

 作品の味を高めている点も見逃せません。) 

 まさに「アメリカ西部劇とイタリア西部劇の持ち味が

 一体となった作品」であると言えるでしょう。

 西部劇でありながら「現代社会」にも通じる
 
 メッセージを放つ本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック