映画に感謝を捧ぐ! 「ミスティック・リバー」

映画感謝人GHMです。

 今回はクリント・イーストウッド監督の「ミスティック・リバー」に

 感謝を捧げようと思います。

 

 デニス・ルヘインの同名小説をもとにして作られた本作は

 他の犯罪サスペンス映画とは異なる視点を持った作品であります。

 客観的に見れば「単純」に写る殺人事件が

 「愛と疑心によって制御を失った主観」によって複雑怪奇な状況となっていく姿を

 怪奇映画的な表現法・叙情的な音楽

 俳優・女優陣の静かなる熱演によって描くという試みは

 私に「犯罪の心理的影響」・「人生の不条理性」・「愛情に潜む暗黒面」を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (すべての罪に「法の制裁」を加えようとしない終幕が

 「暴力の空虚」をより鮮明に写しだしている点も見逃せません。)

 まさに「文学系サスペンス映画」と呼ぶにふさわしい作品であると言えるでしょう。

 犯罪捜査のスリルやどんでん返しの驚きよりも

 「事件」によって変化していく人間の姿に重きを置いた本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック