映画に感謝を捧ぐ! 「タイトロープ」

 映画感謝人GHMです。

 今回はリチャード・タッグル監督の「タイトロープ」に

 感謝を捧げようと思います。

 

 ニューオーリンズで発生した連続殺人事件の真相に迫る

 刑事の運命を描いた本作は

 作品世界の空気作りに重きを置いた作品であります。 

 犯罪サスペンスの王道に即したストーリーが

 闇・光・音を駆使した怪奇映画的表現法

 ニューオーリンズという舞台の個性を生かした風景描写

 主演男優C・イーストウッドが放つ「ダーティーな気配」と

 彼を取り巻く魅惑的且つ怪しげな女性陣

 サスペンス映画らしからぬ繊細な音楽を加えることによって

 映画的魅力を持った作品へと姿を変える光景は

 私に「映画作りにおける映像表現・音楽選択の重要性」を体感する機会をもたらしました。

 (C・イーストウッド氏の「女性に対する複雑な思い」の一端をかいま見る楽しみを

 秘めている点も見逃せません。)

 まさに「ムード派映画」の静かなる強豪と呼びたくなる作品であると言えるでしょう。

 異常心理殺人・エロティシズム・C・イーストウッドという異色の組み合わせを

 映画の持つ「観光旅行&のぞき見感覚」を生かすことによって可能にした本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック