映画に感謝を捧ぐ! 「アイガー・サンクション」

映画感謝人GHMです。

 今回はクリント・イーストウッド監督・主演の「アイガー・サンクション」に

 感謝を捧げようと思います。

 

 トレヴェニアンの同名小説をもとにして作られた本作は

 奇襲性とアトラクション性を兼ね備えたサスペンスであります。

 スパイ活劇と冬山登山を結びつけるという奇策的作劇法

 休暇旅行を楽しむかのようなリラックス感を保ちながら

 ミステリアスな空気作り・リアルな自然描写に励むC・イーストウッド氏の勇姿

 品格とスリルを兼ね備えたJ・ウイリアムズの音楽が一堂に会する光景は

 私に「趣味と実益の幸福なる共存」の形を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (後年の「登山映画」に多大な影響を与えている点も見逃せません。)

まさに「観光旅行映画と冒険映画の長所を合わせ持った作品」を

 創造することに挑んだ挑戦作であると言えるでしょう。

 「趣味と実益の幸運な結婚」を象徴するかのような空気を放つ本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック