映画に感謝を捧ぐ! 「レオン」

映画感謝人GHMです。

 今回はリュック・ベンソン監督の「レオン」に

 感謝を捧げようと思います。

 

 悪徳刑事に家族を殺された少女と

 彼女を助けた殺し屋の運命を描いた本作は

 L・ベッソン監督の趣味と技術力が程よく調和する事によって

 生を受けたアクション映画であります。

 ホラー映画&バイオレンス映画風味の殺人シーンと

 ホームドラマ&恋愛悲劇風味の愛が共存する世界を

 アメリカ映画的豪快さとヨーロッパ映画的苦味を融合させながら描くという試みは

 私を「凶暴にして繊細な世界」へと誘ってくれました。

 (J・レノ、N・ポートマン、G・オールドマンの個性と資質を

 最大限に生かした作品であるという点も見逃せません。)

 まさに、「凶暴なる人情劇」と呼びたくなる作品であると言えるでしょう。

 悲劇的且つ暴力的でありながらも心癒される本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

2015年03月09日 00:08
こんばんは。

こちらの作品は
私もひじょうに好きな作品です。
拙ブログでも紹介しておりましたので
TBをさせていただきました。
よろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック