映画に感謝を捧ぐ! 「サンダーボルト(1974年版)」

映画感謝人GHMです。

 今回はマイケル・チミノ監督の「サンダーボルト(1974年版)」に
 
 感謝を捧げようと思います。

 

 運命の悪戯によって結びつけられた泥棒たちの運命を描いた本作は

 様々なこだわりを感じさせる泥棒映画であります。

 男のつながりと程よいスリルにこだわったストーリー

 追いかけっこと肉体的痛みにこだわったアクション・シーン

 男の渋みと童心にこだわったキャラクター造形が一体となる光景は

 私に「和やかさとスリルが共存する感覚」を味わう機会をもたらしました。

 (西部劇風味漂う風景・犯罪映画らしからぬ素朴な音楽

 静けさの中に意地の悪さを宿した幕切れが

 他の泥棒映画とは異なる味わいを与えている点も見逃せません。)

 まさに「人情と不人情が奇妙な形で交錯する泥棒映画」と

 呼びたくなる作品であると言えるでしょう。

 M・チミノ監督作特有の「男臭」と

 後年作とは異なる「娯楽ムード」が共存する本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック