映画に感謝を捧ぐ! 「ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場」

映画感謝人GHMです。

 今回はクリント・イーストウッド監督・主演の「ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場」に

 感謝を捧げようと思います。

 

 トム・ハイウェー軍曹率いる偵察小隊の

 訓練と戦いの日々を描いた本作は

 反戦メッセージよりも体育会系の人間模様と

 時代の無常さに重きを置いた異色の軍隊映画であります。

 異なる世代・出自・人生観の持ち主が一堂に会する事によって

 もたらされる「対立構造」を

 戦争映画と学園映画を融合させたかのような

 ストーリー・キャラクター・アクションを駆使して描くことによって

 説教臭を緩和し、娯楽性のある作品にするという発想&技法は

 私に「物語は対立によって味わいを増す」事を再認識する機会と

 直球的に王道を貫きつつ、時代の空気を取り入れる妙技を

 堪能する機会をもたらしました。

 (主人公をクリーンな善人とせず「70年代流哀愁&アウトロー性を宿した人物」として描いている点と

 1980年代の空気を象徴するかのようなハッピー・エンドが

 アメリカ礼賛臭漂う作品世界「苦味」を与えている点も見逃せません。)

 まさに「精神的断絶と融和」を時事性とユーモアを交えながら描いた

 戦争映画であると言えるでしょう。

 C・イーストウッド関連作特有の「我流を貫く人間の輝き&孤独」と

 1980年代を覆う「米流ポジティブ精神復興の気運」が

 奇妙なバランスで融合することによって生を受けた本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック