映画に感謝を捧ぐ! 「山羊座のもとに」

 映画感謝人GHM(西村哲也)です。

 今回はアルフレッド・ヒッチコック監督の「山羊座のもとに」に

 感謝を捧げようと思います。

 

 ヘレン・シンプスンの同名小説をもとにして作られた本作は

 奇襲的な展開に驚かされる怪作であります。

 「巻き込まれ映画」の定番通りに進行すると見せかけて

 恋愛劇・社会派・サスペンスが入り交じった状況へと進む物語を

 技巧的表現法を抑制しながら描くという試みは

 私に「格差恋愛劇」の奥に潜む暗部と

 「愛」の持つ危険要素を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (映画史上屈指の「強引さ」を誇るハッピー・エンドが

 我々の「ハッピー・エンド願望」に対する皮肉となっている点も見逃せません。)

 まさに「ジャンル融合型愛憎劇」と呼びたくなる作品であると言えるでしょう。

 キャスト陣の放つ「スター性」とスタッフ陣の意地悪さによって生成された

 つかみ所のないストーリー展開が

 時間と共に「ジェット・コースター的な快感」へと繋がっていく本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック