映画に感謝を捧ぐ! 「笑いのガス」

映画感謝人GHM(西村哲也)です。

 今回はチャールズ・チャップリン監督・主演の「笑いのガス」に

 感謝を捧げようと思います。

 

 C・チャップリン扮する歯科医助手がもたらす珍騒動を描いた本作は

 不人情系チャップリン喜劇の初期を彩る過激作であります。

 「医療行為」の重みと

 人々の医師に対する信頼を踏みにじるかのような行動を

 明るく笑い飛ばす喜劇として表現するという荒業は

 私に「権威を笑う精神」の暗黒面と

 人々の「歯科医」に対する複雑な思いを喜劇的に表現する妙技に

 触れる機会をもたらしました。

 (暴力の連鎖がもたらす混乱をアクション映画的に表現した

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「凶悪なる医療喜劇」と呼びたくなる作品であると言えるでしょう。

 喜劇王C・チャップリンの「暗黒面」と

 「過激なブラック・ユーモア」を陰鬱さを感じさせることなく表現する

 喜劇的技術力によって

 後年の喜劇に様々な影響を与えた本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック