映画に感謝を捧ぐ! 「白い肌の異常な夜」

映画感謝人GHM(西村哲也)です。

 今回はドン・シーゲル監督の「白い肌の異常な夜」に

 感謝を捧げようと思います。

 

 トーマス・カリナンの小説「欺かれた人々」を

 もとにして作られた本作は
 
 アメリカ南部&萌え作品の暗黒面と閉鎖空間における人間心理を

 えぐり出す怪作であります。

 南北戦争時代のアメリカ南部において

 外界との交流を抑制し、独自のルールを形成する事によって

 平和を維持してきた「女性たちの楽園」が

 一人の侵入者によって揺らいでいく光景を
 
 ポルノ的エロティシズム・怪奇映画的表現法・心の声&回想場面を

 操りながら描くという試みは

 私に「巻き込まれサスペンス」の王道を逆転させる事によって生じる

 陰性のスリルと

 甘さと醜悪さを兼ね備えた「心理戦」の醍醐味に触れる機会をもたらしました。

 (説教臭を感じさせることなく

 人種差別&先入観の恐怖に言及している点

 「活劇的ヒーロー」で名を成した俳優

 C・イーストウッド氏のモンスター的怪演

 残酷でありながらも穏やかな空気を放つ幕切れが

 作品のブラック・ユーモア性&サスペンスを高めている点も見逃せません。) 

 まさに「ハーレム系萌えアニメ」と「巻き込まれサスペンス」が

 結婚することによって生を受けた愛憎劇であると言えるでしょう。

 男性色溢れる作品を得意とする

 D・シーゲル監督&C・イーストウッドの名コンビが

 女性色溢れる作品に挑むチャレンジ精神に圧倒させる本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

ママデューク
2014年09月13日 13:04
確かに「白い肌の異常な夜」はドン・シーゲル監督、クリント・イーストウッドといった「男らしい」作品を作る人達の作品としては女を題材にしていて「異色」と言えますね。ボクはこの作品とても大好きです。GHMさんの記事を読んで観直してみたくなりました。それでは失礼致します。
2014年11月23日 20:01
ママデュークさん、コメントをありがとうございます。

本作を見ていると

「ガンマン」が女性や子供を遠ざけるのは

彼女たちへの配慮だけでなく

ある種の「恐れ」があるのではないかと

感じてしまいます。

これからもよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック