映画に感謝を捧ぐ! 「ロボット大襲来」

映画感謝人GHM(西村哲也)です。

 今回はシャーマン・A・ローズ監督の「ロボット大襲来」に

 感謝を捧げようと思います。

 

 地球外より現れたロボット軍団の脅威にさらされた

 男女の運命を描いた本作は

 素朴にして貪欲な「侵略SF映画」であります。

 特撮技とサスペンス&ホラー的見せ方を駆使することによって

 「最小限度の人員・物資による恐怖&スケール感の高揚」を可能にする技術力と

 「地球の危機」における民間人と軍隊の状況を

 交互に描くことによって

 パニック・ムービー的人間模様と怪獣映画的ストーリー展開を

 共存させようという実験精神が一体となる光景は

 私に「手作り感溢れる特殊効果&メカ」の醍醐味と

 危機的状況に置ける「心理状態&対応手段」の一端を

 目の当たりにする機会をもたらしました。
 
 (ハッピー・エンドでありながらブラック・ユーモア風味を感じさせる

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「官民一体型侵略SF映画」と呼びたくなる作品であると言えるでしょう。

 大作映画特有の「物量&人員攻勢」に依存せず

 アイデアと職人技によるSF作りの素晴らしさを堪能させてくれる本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。

  

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック