映画に感謝を捧ぐ! 「チャップリンの失恋」

映画感謝人GHM(西村哲也)です。

 今回はチャールズ・チャップリン監督・主演の「チャップリンの失恋」に

 感謝を捧げようと思います。

 

 C・チャップリン扮する放浪者の

 恋のゆくえを描いた本作は

 活劇的な漫才と男の純情が一体となったサイレント喜劇であります。

 肉体言語・日常的小道具・音楽を最大限に活用して

 勧善懲悪劇・恋愛劇・ドタバタ喜劇を兼ね備えた物語を

 進行させていく光景は

 私に「肉体&頭脳の持つ可能性」の大きさと

 娯楽作の定番要素をバランスよく網羅する

 平衡感覚&サービス精神の醍醐味を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (悲劇的でありながらも「後味悪さ」を抑制した

 クールな幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「活劇系恋愛劇」の雄と呼びたくなる作品であると言えるでしょう。

 後年のアジア系アクション映画に通じる「日用品の有効利用」と

 明るいユーモアの中に「苦味」を宿す妙技が冴え渡る本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック