映画に感謝を捧ぐ! 「バトル・オブ・パシフィック」

 映画感謝人GHM(西村哲也)です。

 今回はサンダー・レヴィン監督の「バトル・オブ・パシフィック」に
 
 感謝を捧げようと思います。

 

 未知なる敵がもたらす世界大戦の危機に立ち向かう

 戦艦「アイオワ」の運命を描いた本作は

 便乗商品映画の雄「アサイラム」の精神と

 時代の空気が一体となることによって生まれた「地球侵略SF」であります。

 過去のSF映画&2010年代の国際情勢を巧みに取り入れ

 「懐古趣味」という名の調味料を加えることによって

 小規模映画の予算・人員・技術で「大作的ムード」を生成しようという試みは

 私に「暇つぶし映画」の楽しさと「テクノロジー信仰」に対する風刺が

 融合した世界を満喫する機会をもたらしました。

 (字幕によってスケール感を増幅させる「キラートマト的手法」

 「バトルシップ(2012年)」&「パシフィック・リム(2013年)」の潮流に乗ろうという精神を

 正々堂々と示した邦題

 続編への意欲&軽量映画的ハッタリに満ちた幕開け&幕切れが醸し出す

 和やかな味わいも見逃せません。)

 まさに「遊び場系SF映画界」屈指の珍味であると言えるでしょう。

 人間模様を抑制し、戦いに集中する「スリムな映画作り」と

 賞&評論家よりも流行+娯楽本能を重視する

 「大衆食堂精神」が心地良い本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック