映画に感謝を捧ぐ! 「血まみれ農夫の侵略」

映画感謝人GHM(西村哲也)です。

 今回はエド・アドラム監督の「血まみれ農夫の侵略」に
 
 感謝を捧げようと思います。



 テキサスの小さな村で巻き起こる怪事件の顛末を描いた本作は

 ある種の和やかさを感じさせる「田舎町ホラー」であります。

 行きすぎたインパクト&悪趣味によって

 ユーモラスな雰囲気を放つ残酷描写

 凶悪且つ緩やかに進行するストーリー

 ホームドラマ的素朴さにあふれた村人たち

 胡散臭さ満点の敵役が一体となる光景は

 私に「山村ならではの空気」と「ホラー要素」が

 絶妙のバランスで配合される事による「残虐なほのぼの感」に

 触れる機会をもたらしました。

(敵に同情したくなるほどの速やかな決着→やりたい放題感あふれる幕切れが

 ある種の「哀愁&驚き」を誘発する点も見逃せません。)
 
 まさに「癒し系田舎町ホラー」界屈指の珍品であると言えるでしょう。

 娯楽映画的ハッタリと「大衆食堂的暇つぶし」に徹する謙虚な精神によって生じる

 笑って楽しめる馬鹿馬鹿しさ&親近感が心地良い本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック