映画に感謝を捧ぐ! 「愛のそよ風」

映画感謝人GHM(西村哲也)です。

 今回はクリント・イーストウッド監督の「愛のそよ風」に

 感謝を捧げようと思います。

 

C・イーストウッド氏初の「非主演監督作」となる本作は

過激さと情緒が交錯する恋愛映画であります。

C・イーストウッド監督作としては異色の

 「恋愛&青春映画色」の濃い物語と

 C・イーストウッド監督&主演作特有の

 「己を貫くことによって孤独に囚われる主人公」・「台詞による説明に依存しない演出」

 「女性に対する複雑な思い」・「品のある音楽」が一体化するという現象は 

 私に「変態映画」になりかねない題材を上品に描く妙技と

 異なる価値観を持つ人間が交わることによって生じる

 輝きと痛みを目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ハッピー・エンドでありながらも「不安の種子」を感じさせる幕切れが

 人生の光と闇を示している点も見逃せません。)

 まさに「純文学系格差恋愛劇」の歴史に輝く強豪作であると言えるでしょう。

 C・イーストウッド氏が長年にわたって演じ続けた

 「孤高のヒーロー」の秘めたる弱さをえぐり出す事によって

 後年の「ミリオンダラー・ベイビー」・「グラン・トリノ」に通じる道を切り開いた本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック