映画に感謝を捧ぐ! 「給料日」

映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はチャールズ・チャップリン監督・主演の「給料日」に

 感謝を捧げようと思います。

 

 C・チャップリン扮する主人公の「給料日」を描いた本作は

 ユーモラスでありながらも苦い味わいを感じさせる喜劇であります。

 ありふれた日常風景の中で

 悪意なき災厄・TVゲーム的アクション・マッチポンプ的状況

 いじましい策略・社会風刺が炸裂する光景は

 私に、日常生活に潜む「喜劇の種子」と

 人生のスリル&サスペンス性を「笑い」の衣に包みながら

 表現する手法の醍醐味を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (状況説明を抑制することによって

 想像力を刺激すると同時に

 作品のスピード感を保ち続けている点や

 アクション・サスペンス・ブラック・ユーモアが

 絶妙のバランスで配合された幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「活劇系不人情喜劇」の雄と呼ぶにふさわしい

 サイレント喜劇であると言えるでしょう。

 適性範囲のスケール感&説明描写を維持するバランス感覚と

 労働者に対する意地悪な目線を

 「素直に楽しめる娯楽作」として表現する技術力に圧倒される本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック