映画に感謝を捧ぐ! 「メリー・ポピンズ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はロバート・スティーブンスン監督の「メリー・ポピンズ」に

 感謝を捧げようと思います。

 

 パメラ・L・トラヴァースの小説「メアリー・ポピンズ」シリーズを

 もとにして作られた本作は

 アメリカ流大作主義とディズニー流サービス精神が

 手を組むことによって生を受けた

 ミュージカル映画の雄であります。

 「歌・踊り・ディズニー的メッセージ」のためだけに機能するストーリー
 
 歴史大作的人海戦術・SF&ホラー風特殊効果

 童話風キャラクター&アニメーションが一体となって

 作品内に潜む「社会派的ブラック・ユーモア」を緩和し

 「家族向けファンタジー・ミュージカル」の領域を突き進む光景は

 私に「娯楽的に教えを説く」手法の一形態

 「明瞭な目的を持った」映画の醍醐味

 個人技と特殊効果の平和的共存の理想型を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (脳天気極まるハッピー・エンドでありながら哀愁を宿す

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「実写版おとぎ話」史上屈指の華やかさと怪しさを

 感じさせる一作であると言えるでしょう。

 浮世離れを徹底追求しつつ

 「道徳の教科書」の役割を果たそうという挑戦者精神に圧倒される本作と
 
 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック