映画に感謝を捧ぐ! 「オール・ザット・ジャズ」

映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はボブ・フォッシー監督の「オール・ザット・ジャズ」に

 感謝を捧げようと思います。

 

  ブロードウェイで活動する演出家「ジョー・ギデオン」と

  彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 振付師兼映画監督B・フォッシー氏の心技体が炸裂する

 異色の芸人伝であります。

 舞台的華やかさに満ちた映像&音楽と

 背徳的且つ陰鬱なストーリーが混ざり合うことによって生じる

 映画的化学反応は

 私に「エンターテインメント」の世界で

 奔放に生きる人間の輝き&呪いと

 陰と陽が混ざり合うことによって発生する背徳の美を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「ショー」に対する愛と皮肉が混ざり合ったかのような

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「陰性ミュージカル・ドラマ」の雄と呼ぶにふさわしい作品であると言えるでしょう。

 舞台系ミュージカル&コメディの技法を駆使してシリアスドラマを描くことによって

 「人生」の光と闇を写し出す本作と
  
 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック