映画に感謝を捧ぐ! 「三万両五十三次」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は木村恵吾監督の「三万両五十三次」に

 感謝を捧げようと思います。


三万両五十三次 [DVD]
コスモコンテンツ
2011-02-14

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 三万両五十三次 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 野村胡堂の同名小説をもとにして作られた本作は

 単純明快差の中に「苦味」を秘めた時代劇映画であります。

 「幕末」を犯罪映画&ドタバタ喜劇風味で描きながら

 戦争が人間に与える「傷」の深さを

 感じさせる作品にすることを可能にしたスタッフ・キャスト陣の技巧&精神力は

 私に「喜劇・活劇・悲劇が混ざり合う」感覚と

 戦いに生きる人間の「非情さ&空しさ」を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (西部劇を思わせるような映像の中に

 「歴史の無情」を感じさせる幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「アクション・コメディ式時代劇」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 剣豪でありながら「戦い」を否定する主人公の姿と

 歌舞伎と映画の手法が程よく混ざり合った映像・演技・音楽によって

 活劇の爽快感・人情劇の笑い・戦いの残酷さがせめぎあう世界を生んだ本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック