映画に感謝を捧ぐ! 「ボーイズ’ン・ザ・フッド」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョン・シングルトン監督の「ボーイズ’ン・ザ・フッド」に

 感謝を捧げようと思います。


ボーイズ'ン・ザ・フッド [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2014-12-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ボーイズ'ン・ザ・フッド [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


1980~90年代のサウス・セントラルで暮らす

 人々の運命を描いた本作は

 娯楽的軽快さと社会派の重みをバランス良く配合しながら

 「アフリカ系アメリカ人社会」の光と闇を写し出す

 驚異の半実話系日常劇であります。

 戦争とは異なる形で「暴力&憎悪」が日常化した世界を

 ホームドラマ・青春映画・極道映画を融合させたかのような手法で

 描くという試みは

 私に、暴力&腐敗の連鎖が発生する構造と
 
 アフリカ系アメリカ人文化の一端を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (冷徹なまでのクールさで

 絶望と希望が並び立つ幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「アメリカ流不人情劇」の静かなる強豪作であると言えるでしょう。

 無関心と悪意によって「静かなる自滅」に向かう世界の中で

 不器用に「愛」を求める男たちの姿に心打たれる本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック