映画に感謝を捧ぐ! 「ボルケーノ・シティ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はマイケル・サルナ監督の「ボルケーノ・シティ」に

 感謝を捧げようと思います。


ボルケーノ・シティ [DVD]
アルバトロス
2015-05-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ボルケーノ・シティ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 
 LAを襲う大災害に巻き込まれた

 人々の運命を描いた本作は

 豪快にして堅実な災害映画であります。

 自然災害と人質救出劇をつなぎ合わせる豪快さと

 CG映像&状況説明台詞を駆使して

 「世界滅亡の危機」を煽り立てる手法が一体となる光景は

 私に「自然界における人間の小ささ」を

 軽量映画的に表現する技法と

 限られた予算&人員でスケール感を高めようとする人々の奮闘ぶりに

 心打たれる機会をもたらしました。

 (1978年の映画「ゾンビ」の終幕を

 脳天気なハッピー・エンドに変換したかのような

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「天災&人災のコンビ映画」と呼びたくなる

 珍作であると言えるでしょう。

 パニック・ムービーの衣を纏いながら

 災害よりも個人的事情を重視するストーリー展開と

 作り物感満載の映像が

 暇つぶし規模のスリルとブラック・ユーモアを醸し出す本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック