映画に感謝を捧ぐ! 「ピンク・キャデラック」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はバディ・バン・ホーン監督の「ピンク・キャデラック」に

 感謝を捧げようと思います。


ピンク・キャデラック
イーベストCD・DVD館
メーカー名ワーナー・ホーム・ビデオタイトルピンク・キャデラックアーティストクリント・イーストウッド品


楽天市場 by ピンク・キャデラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 「ピンク・キャデラック」と共に逃亡した女性を追う

 賞金稼ぎの運命を描いた本作は

 活劇と喜劇がせめぎ合う追いかけっこ映画であります。

 主演男優C・イーストウッドの男臭溢れる外見と

 饒舌&漫画的な行動とのギャップ

 暴力的且つ単細胞的な敵役

 活劇的でありながらも和やかさを感じさせる

 ストーリー・音楽・アクションが一体となる光景は

 私に、「1970年代男」の流儀で

 1980年代を生きる男に対する思いと

 大義名分を声高に訴える人間の「胡散臭さ」を

 アクション映画的に表現する手法の一端に

 触れる機会をもたらしました。

 (喜劇的な外見でありながらも

 危険なアクションをこなす「ピンク・キャデラック」の勇姿と

 映画史上希に見る「平和的な勧善懲悪ぶり」を誇る決着が

 1980年代文化の一端を写し出している点も見逃せません。)

 まさに「非SF系コミック・ムービー」屈指の緩やかさに溢れた

 珍品であると言えるでしょう。

 重厚なるC・イーストウッド監督作「バード」と「許されざる者(1992年版)」の中間に位置する

 休憩的作品である本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック