映画に感謝を捧ぐ! 「フェアリーテイル(1997年版)」

映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はチャールズ・スターリッジ監督の「フェアリーテイル(1997年版)」に

 感謝を捧げようと思います。


フェアリーテイル [DVD]
パイオニアLDC
2002-02-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フェアリーテイル [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



1916年のイギリスで起きた「コティングリー妖精事件」を

 もとにして作られた本作は

 史劇・人情劇・童話の魅力が混ざり合う実話系映画であります。

 1910年代後半のイギリス事情と

 ファンタジーの住人たちが共存するストーリーと

 歴史大作的手法・SF的特殊効果・ホームドラマ的人間模様を

 使い分けながら描くという試みは

 私に「神話が生まれる根源・異世界交流の難しさ」と

 「現実社会と幻想美の平和的共存」の一形態に

 触れる機会をもたらしました。

 (ファンタジーから「現実的ハッピー・エンド」へと転じる幕切れが

 人生の通過儀礼を感じさせる点も見逃せません。)

 まさに「実話系おとぎ話」の静かなる強豪作であると言えるでしょう。

 不穏な時代に光を与えた「妖精騒動」を

 上品さとユーモアを失うことなく描ききった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

2015年06月20日 22:20
 こんばんは!
 この事件の写真って、いろんな本に載っていたのでかなり強く記憶に残っていますよ。彼女たちが言うには最後の写真については本物らしいですね。

 映画としてもよく出来ていますが、なかなかTSUTAYAとかに置いていなかったのでぼくは買っちゃいました。

ではまた!

この記事へのトラックバック