映画に感謝を捧ぐ! 「ペンチャー・ワゴン」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョシュア・ローガン監督の「ペンチャー・ワゴン」に

 感謝を捧げようと思います。


ペンチャー・ワゴン [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2015-05-13

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ペンチャー・ワゴン [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



アラン・J・ラーナー&フレデリック・ロウのミュージカル

 「ペイント・ユア・ワゴン」をもとにして作られた本作は

 時代の潮流と伝統文化への愛・宗教的倫理と野性的本能がせめぎ合う

 ミュージカル西部劇であります。

 1960年代後半に衰退期を迎えた

 王道系西部劇&ミュージカルが手を結び

 アウトロー風味を取り入れながら突き進んていく光景は

 私に「時代の過渡期」に生きる人々の思いと

 男臭と上品さが混ざり合うことによって生じる化学反応を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (教訓劇+災害映画に舵を切りつつ

 正統派西部劇&青春映画の香り漂う幕切れに向かう流れが

 時代の変化に抗ってでも「我流」を貫こうとする人々を

 象徴している点も見逃せません。)

 まさに、アメリカ映画界の「伝統防衛隊」の一翼を担う

 一作であると言えるでしょう。

 L・マービン&C・イーストウッド+ミュージカルという

 大胆不敵な発想と

 アメリカ流大作映画の法則が融合する事によって

 1960年代後半の「アメリカ映画事情」の一端を映し出した本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック