映画に感謝を捧ぐ! 「不意打ち」

映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はウォルター・E・グローマン監督の「不意打ち」に

 感謝を捧げようと思います。


不意打ち [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2015-05-13

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 不意打ち [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



自宅のエレベーターに閉じこめられた

 女性の運命を描いた本作は
 
 残虐な技巧&人間に対する厳しすぎる目線によって

 映画史の闇に封じられた

 空間限定型サスペンス映画であります。

 「都会」と言う名の原野をさすらう獣たちとの「交流」によって

 自分自身に宿る「モンスター」に向き合う主人公を

 サスペンス技巧・ホームドラマ的日常描写・ホラー的残酷描写を

 組み合わせながら描くという挑戦は

 私に「近代社会の潜在的残虐性」・「愛情の暗黒面」

 空間的制約&状況説明の抑制が生む「精神的スケール感&スリル」を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「ハリウッド流ハッピー・エンド」を凶暴且つ冷酷に皮肉ったかのような幕切れが

 「死」に勝る恐怖&空しさを醸し出している点も見逃せません。)
 
 まさに「都会派サスペンス」史上屈指の過激さと

 技巧性を兼ね備えた作品であると言えるでしょう。

 穏やかな日常風景によって「無関心の恐怖」を鮮明化する手法

 人間の「暗部」のみで形成されたストーリー&キャラクター

 映画倫理を挑発する描写の数々によって

 「映画反抗期」の静かなる先駆けとなった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック