映画に感謝を捧ぐ! 「カリフォルニア・ディストラクション」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョン。バウムガードナー監督の「カリフォルニア・ディストラクション」に

 感謝を捧げようと思います。


カリフォルニア・ディストラクション [DVD]
アルバトロス
2015-09-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カリフォルニア・ディストラクション [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 大地震の脅威にさらされたLAからの

 脱出を図る人々の運命を描いた本作は

 ある種の熱意に彩られた軽量災害映画であります。

 話題作の「潮流」に乗る知略

 映画史に残る災害映画の数々・「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」

 「ジュラシック・パーク」に即した描写の数々

 災害映画の方程式に忠誠を誓ったストーリーが

 奇妙なバランスで共存する光景は

 私に、災害における経済力の効能

 理論で他者を説得することの難しさ」

 危機的状況に置ける「身内びいき精神」

 最小限度の災害描写を熱演&状況説明台詞で補う手法を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (悲惨極まる状況を「ハッピー・エンド」的に表現する

 巧妙にして壮絶な幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「シリアス系パロディ災害映画」界の

 誉れ高き珍作であると言えるでしょう。

 アサイラム的サービス精神&身内重視主義が

 自然界における人間の小ささと

 歴史に学ぶことの尊さを示す本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。
  
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック