映画に感謝を捧ぐ! 「股旅」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は市川崑監督の「股旅」に

 感謝を捧げようと思います。


股旅 [DVD]
パイオニアLDC
2001-11-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 股旅 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 天保の世を旅する

 渡世人三人組の運命を描いた本作は

 「時代劇の王道」に対する皮肉を感じさせる

 時代劇映画であります。

 青春映画・極道映画・家族劇を融合させ

 短篇集的に進んでいくストーリー

 庶民的ムードに覆われた登場人物

 様式美ともバイオレンスとも異なる

 「喧嘩風味」に溢れた剣劇シーン

 祭り的な音楽・歴史教材的な「語り部」が

 一体となる光景は

 私に「時代劇と現代劇の平和的共存」の形と

 素朴な風景&キャラクターが

 物語の無情さを鮮明化していく現象を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「友情と義理のせめぎ合い」を

 暴力的に写し出した決闘の後に訪れる

 「穏やかな残酷さ」に包まれた幕切れが

 美しくも苦い後味を生んでいる点も見逃せません。)

 まさに「極道+残酷喜劇系時代劇」の

 静かなる強豪作であると言えるでしょう。
 
 1970年代特有の「陰鬱さ&反抗性」を放ちながら

 TV時代劇「木枯らし紋次郎」に通じる道を開いた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック