映画に感謝を捧ぐ! 「チャップリンの珍カルメン」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はチャールズ・チャップリン監督・主演の

 「チャップリンの珍カルメン」に感謝を捧げようと思います。





 プロスベル・メリメの小説「カルメン」をもとにして

 1916年に作られた本作は

 シリアスとコミカルの間で踊るサイレント喜劇であります。

 バラエティ番組的な笑い・格闘技&剣劇映画のアクション

 悪女映画のキャラクター・恋愛悲劇の苦味が融合することによって

 ユーモラスで苦い「カルメン」が生成されていく光景は

 私に「喜劇的加工術」の醍醐味と

 悲劇と滑稽劇の類似性について

 考えさせられる機会をもたらしました。

 (後年の「スティング」に通じる幕切れが

 どんでん返しサスペンスの「秘めたる喜劇性」を

 写し出している点も見逃せません。)

 まさに「喜劇調カルメン」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 いかなる物語においても「笑い所」を探す探求心と

 ユーモアとスリルに溢れた「喜劇+活劇的体技」が生んだ本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック