映画に感謝を捧ぐ! 「半魚人の逆襲」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジャック・アーノルド監督の「半魚人の逆襲」に

 感謝を捧げようと思います。


半魚人の逆襲(〇〇までにこれは観ろ! ) [DVD]
キングレコード
2014-08-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 半魚人の逆襲(〇〇までにこれは観ろ! ) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 1954年の映画「大アマゾンの半魚人」の

 後日談となる本作は

 サービス精神と便乗精神を兼ね備えた

 モンスター映画であります。

 1年前に開花した「アイデア」の有効活用・理論武装による恐怖の肥大化

 残酷度を緩和するためのロマンス要素

 「半魚人」が見せる華麗なるスイミング・アクションが

 一体となる光景は

 私に「モンスター映画作り」の難しさ

 CG誕生前の映画特有の野性味

 サクセス・ストーリー&我慢劇の味わい
 
 愛情表現の多彩さ・ホラー的無防備さの作り方を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (王道的ハッピー・エンドでありながらも

 「悲劇」の気配を感じさせる幕切れが

 モンスター映画が「孤独」を語る存在であることを

 示している点も見逃せません。)

 まさに「動物パニック系災害映画+凶暴系純愛劇」の

 一形態と呼びたくなる作品であると言えるでしょう。

 アメリカ映画界において多才ぶりを発揮する

 C・イーストウッド氏の初出演作にして

 後年ストーカー行為を先取りした

 予言者的作品である本作と 

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック