映画に感謝を捧ぐ! 「十七人の忍者」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は長谷川安人監督の「十七人の忍者」に

 感謝を捧げようと思います。


十七人の忍者 [DVD]
東映ビデオ
2007-07-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 十七人の忍者 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



徳川幕府三代将軍を巡る争いの陰で繰り広げられる

 忍者戦を描いた本作は

 新時代を築くための「産みの苦しみ」に溢れた

 時代劇映画であります。

 天下太平の世を築き

 「忍者」という非情な組織を解体するため

 部下の犠牲を想定した「策」を仕掛ける伊賀忍者首領と

 一族の社会的地位を向上させるため

 敵方忍者&侍社会に孤独な闘いを挑む根来忍者の運命を

 娯楽的爽快感&スター映画的華やかさに背を向けて

 冷徹に描いたストーリー&演出によって

 東映流勧善懲悪時代劇の殻を破り

 善悪の二元論を超越した「戦記」としての時代劇へ向かおうという挑戦は

 私に、人類史が抱える「矛盾」の一端と

 将棋的スリル&サスペンスに溢れた時代劇の醍醐味を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (将軍争いの「当事者」を登場させない大胆さ

武家社会特有の「男尊女卑」を

 逆手に取ったトリックが使われている点や

 ハッピー・エンドの形態を取りながらも

 「虚しさ」に包まれた幕切れが

 歴史の舞台裏に生きる人間の宿命を

 体現しているという点も見逃せません。)

 まさに「戦争系忍者映画」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 心理戦のスリル・歴史の裏側をのぞき見る感覚・活劇的アクション

 伝統を守りつつ、変革を成そうとする精神が

 せめぎ合いながら力を合わせることによって

 「集団抗争時代劇路線」の幕を開けた本作と 

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック