映画に感謝を捧ぐ! 「エンド・オブ・アメリカ」

映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はドリュー・ホール監督の「エンド・オブ・アメリカ」に

 感謝を捧げようと思います。


エンド・オブ・アメリカ [DVD]
アルバトロス
2014-12-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エンド・オブ・アメリカ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



米国を狙うテロ集団に立ち向かう

 DNDO(核物質探知局)の活躍を描いた本作は

 アクション映画史上屈指の「怪作ぶり」を誇る作品であります。

 テロ対策映画の王道に即したストーリー・演出・キャラクターが

 細切れ的表現・技巧的映像・各種情報の乱立によって

 複雑怪奇な作品へと変異していく光景は

 私に娯楽映画における「分かり易さ&情報管理」の大切さと

 テロ対策における「人材確保」の難しさを

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (同年の映画「エンド・オブ・ホワイトハウス」を意識した邦題と

 根源的な問題を解決することなく「ハッピー・エンド」を迎える幕切れが

 アメリカ映画界&外国映画上陸の内幕を写し出している点も見逃せません。)

 まさに「迷宮系テロ対策映画」と呼びたくなる作品であると言えるでしょう。

 信念を持つテロリスト・猟奇性・人間模様・肉弾戦といった

 娯楽要素へのこだわりが荒れ狂うことによって生じる混沌が

 テロリストの狂気&テロ対策の暗部をえぐり出す本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック