映画に感謝を捧ぐ! 「麦秋(1934年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はキング・ヴィダー監督の「麦秋(1934年版)」に

 感謝を捧げようと思います。


麦秋(むぎのあき) [DVD]
IVC,Ltd.(VC)(D)
2014-11-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 麦秋(むぎのあき) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 都会を離れ、農場暮らしを始めた夫婦と

 仲間達の運命を描いた本作は

 素朴な爽快感とメッセージ性を兼ね備えた人情劇であります。

 「アメリカ流開拓精神&農業」に対する愛情に溢れたストーリーと

 サイレント&トーキーの技法がバランス良く配合された演出が

 一体となる光景は

 私に「娯楽性と教材性・舞台性と映画性・軽快さと人間味」の

 平和的共存の形を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アメリカ映画流ハッピー・エンドの醍醐味を象徴する
 
 幕切れを示した作品の一つであるという点も見逃せません。)

 まさに「活劇系人情劇」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 愛郷精神&ポジティブ精神が持つエネルギー

 男気と都会性のせめぎ合い・人生の再生を背負いながら

 軽やかに進行していく物語&映像が

 「不幸の強調」によって感動を煽る作品にはない

 素朴にしてエネルギッシュな感動を与えてくれる本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック