映画に感謝を捧ぐ! 「痛ましい恋」

映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョージ・ニコルズ監督の「痛ましい恋」に

 感謝を捧げようと思います。





 C・チャップリン扮する主人公の奇妙な恋路を描いた本作は

 陽気にしてダーティーなサイレント喜劇であります。

 純情且つ無器用な男と純真すぎる令嬢の恋模様を

 舞台芸、ドタバタ喜劇風味、ブラック・ユーモアを

 融合させながら描くという試みは

 私に、明るいユーモアと意地悪な笑いが

 平和的共存を果たす光景と

 純愛の美しさ&危うさを喜劇的に表現する技法の
 
 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (周辺人物のイメージを一気に逆転させる幕切れが

 サスペンス映画とは異なる「どんでん返し」の快感を

 もたらしている点も見逃せません。) 

 まさに「活劇系恋愛喜劇」の軽快なる強豪作であると言えるでしょう。

 苦味と甘味をバランス良く配合し

 最小限度の人間関係で勝負する精神が
 
 他の恋愛喜劇とは異なるスリムな輝きを放つ本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック