映画に感謝を捧ぐ! 「ステート・フェア(1945年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はウォルター・ラング監督の「ステート・フェア(1945年版)」に

 感謝を捧げようと思います。

 
ステート・フェア [DVD] FRT-243
ファーストトレーディング
2006-12-14

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ステート・フェア [DVD] FRT-243 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 フィリップ・D・ストングの同名小説をもとにして作られた本作は

 正々堂々たる「娯楽的サービス精神」に心打たれる

 ミュージカル映画であります。

 愛郷的イベント、ロマンス、歌&踊り、アメリカ流サクセス精神

 華麗なる舞台&衣装、スターが一堂に会し

 彼らの「引き立て役」に徹したストーリーに支えられながら

 軽やかに進行していく光景は

 私に「鑑賞者の欲求」を的確につく娯楽映画と

 映像テクノロジーに依存しない

 手作り感溢れる「浮世離れ」の素晴らしさを

 満喫する機会をもたらしました。

 (ストーリー上の「突っ込み点」を感じさせず

  心地よさだけを手に劇場を後にできるよう配慮された

 「高揚感あるハッピー・エンド」となっている点も見逃せません。)

 まさに「ポジティブ系イベント・ミュージカル」の雄と

 呼びたくなる作品であると言えるでしょう。

 祭りの楽しさ、ロマンスの甘味、ハッピー・エンドの魅力

 ミュージカル映画の特性。スター主義の効能を

 余すところなく詰め込んだ本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。
  
 
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック