映画に感謝を捧ぐ! 「怪談夜泣き燈篭」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は田坂勝彦監督の「怪談夜泣き燈篭」に

 感謝を捧げようと思います。


怪談夜泣き燈篭 [DVD]
KADOKAWA / 角川書店
2016-07-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 怪談夜泣き燈篭 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 豪商の息子「又三郎」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 変化球的な魅力を持った怪談映画であります。

 サスペンスとホラーの間を往来するストーリー

 清々しいまでに善人不在のキャラクター造形

 特殊効果よりも雰囲気作りを重んじた映像が一体となる光景は

 私に「ミステリー風味のある怪談」の醍醐味と

 男性の傲慢さ&精神的弱さを怪談的に表現する技法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (悲劇的でありながらも「勧善懲悪的ハッピー・エンド」の香りを放つ

 皮肉の効いた幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「サスペンス系怪談映画」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 大映時代劇の渋味、愛憎劇の苦味、サスペンス的どんでん返し

 お化け屋敷的メイク&映像表現がバランス良く配合された本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック