映画に感謝を捧ぐ! 「犬の生活」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はチャールズ・チャップリン監督・主演の

 「犬の生活」に感謝を捧げようと思います。


チャップリン公式DVDコレクション(6) 2016年 11/16 号 [雑誌]
アシェット・コレクションズ・ジャパン
2016-11-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by チャップリン公式DVDコレクション(6) 2016年 11/16 号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 C・チャップリン扮する放浪者と野良犬の

 奇妙な運命を描いた本作は

 軽妙且つ知的な作劇法が冴え渡るサイレント喜劇であります。

 サイレント活劇+喜劇的小ネタの数々を

 バラエティ番組的につなぎ合わせつつ

 人情味と哀愁の入り交じった物語が生成されていく光景は

 私に「バランス感覚&スピード感覚」に秀でた喜劇の醍醐味と

 人々が警官&酒場に抱くイメージと

 人間社会と動物社会の近似性&相違点を喜劇的に表現する技法を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (説明的表現を抑制する事によって

 鑑賞者の「想像力」を刺激する妙技

 人間に勝るとも劣らぬほどの体技&演者ぶりを発揮する

 犬チームの勇姿

 ロマンスよりもホームドラマ風味を重んじた

 和やかな幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「動物系喜劇」の歴史に輝く強豪作であると言えるでしょう。

 人情味のある笑い、ブラック・ユーモア、戦闘&平和系アクション
 
 社会風刺、文学性が共存する事によって

 軽量級でありながら重みのある喜劇となった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック